2007年09月23日

フロモックス

フロモックス

細菌を殺菌するお薬です。細菌が原因のいろいろな病気に用います。

感染症は、病原微生物が人の体に侵入し悪さをする病気です。腫れや発赤、痛みや発熱などを生じ、人に苦痛をもたらします(実は、このような症状は病原微生物と戦うための体の防衛システムでもあるのです)。

病原微生物には、細菌やウイルス、真菌(カビ)などが含まれますが、このお薬が有効なのは“細菌”による感染症です。グラム陽性菌をはじめ、グラム陰性菌の多くに有効です。病原菌が死滅すれば、腫れや痛みがとれ、熱のある場合は解熱します。

いろいろな細菌に有効なので、呼吸器や耳鼻科領域を中心に各科で広く使われています。のどの痛みや発熱をともなう“かぜ”にも処方されます。本来、インフルエンザを含め一般的なウイルス性の“かぜ”には無効なのですが、細菌による二次感染時やその予防のために用いることがあります。

おくすり110番より引用

殺菌作用があるってことなんですね。

医者からもらった薬がわかる本 2008年版 (2008)
医者からもらった薬がわかる本 2008年版 (2008)木村 繁 医薬制度研究会

法研 2007-07
売り上げランキング : 18488


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【そして、僕は薬を飲む。の最新記事】
posted by kickloud at 14:12 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | そして、僕は薬を飲む。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/58356764

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。