2008年09月29日

自分を見つめ直す

就職活動で書類が通って面接を迎えると、
必ずと言っていいほど志望動機と自己PRを
たずねられる。

自分は大学時代にまともに就職活動をしないで
卒業をした。
なので、いわゆる自己分析などをやらずに
ここまで来てしまった。

面接をこなして行くにつれて、
自己分析をした方がいいと言う気になってきた。

とある書き込みで薦めていた、
絶対内定2010―自己分析とキャリアデザインの描き方
という本を買ってみる事にした。

これは学生が新卒で就職するときのために
書かれてはいるけど、
転職でも、それ以外の自分を見つめたいときにも
有効だというふれこみ。

読む部分と、我究と呼ばれるワークシートを記入する部分に
わかれている。

今、この時点でワークシートに少し入ったんだけど、
心がえぐられるような思いがする。
メンタルの調子が悪いときにはしない方がいいかも
しれない。

というのは、自分の欠点なんかも認めなくてはいけないから。
認めるために過去を掘り下げてみたりする。

自分にこう言い聞かせている。

今は多少辛くてもやるべき時だ。
辛くて辛くてしかたなかったらやめていいけど、
その前にもう少しだけやってみよう。

だって、自分は学生時代にやってないんだから。
10年前にみんながやっていた事を、
自分はやっていないのだから。

今、やるべき時なのだ。
つらいけど、今やるべき事なのだ。



そして、続きを読む…。
posted by kickloud at 14:47 | 東京 ☔ | Comment(3) | TrackBack(0) | そして、僕はつぶやく。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする