2008年08月16日

ニート脱出

図書館で気になった本があって
手に取ってみた。

4594049400ニート脱出―不安なままでもまずやれる事とは
和田 秀樹
扶桑社 2005-04

by G-Tools


自分は今、無職だ。
31才無職。うつ病。就職活動中。

ニートではない。

でも、サブタイトルにひかれた。
「不安なままでもまずやれる事とは」

トレーニングをやめて、
就職活動をしないと行けないのに
一歩が踏み出せなかった。

これからどうなるのかという不安が、
大きな不安を呼んで落ち込んだ。

この本はニート向けに
主にやる気について書いている。
どうしたらやる気が出るか。

自分は、心理学の本として読んだ。

就職活動に今ひとつ身の入らなかった自分の
背中を押された感じ。
ニートじゃないけど、読んで良かった。

作者は和田秀樹氏。
東大卒の精神科医。
受験の本などを書いている人らしい。
氏のサイトは、www.hidekiwada.com


そして、続きを読む…。
posted by kickloud at 23:14 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | そして、僕はつぶやく。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。