2008年01月31日

先を読みすぎた

また、トレーニングを休んでしまった。

先週木曜日に一回休んで、
金曜日には病院へ行った。
そこで復活できるかと思った。

が、ダメでした。

土曜日の朝も木曜日のようにむせたり、吐き気。
トレーニング先に電話を入れて、
休ませてもらう。

「来週まで休んでいいから、お大事に」と
言ってくれた。
申し訳ない気持ちと、ありがたい気持ち。

休ませてもらった以上、
どうしてこうなったかを自分なりに考えた。
ここのところ寝付きが良くないのも含めて、考えた。

少し先のことを考えすぎてしまっていたようだ。

トレーニングが終わったとして、
そのままトレーニング先に就職させてもらうか、
別のところに就職先を探すか。

まだトレーニングも終わってないし、
薬も減ってきていない。
先のことを考えすぎてしまった。

一歩先、多くて2,3歩先くらいしか
今は見ないで歩くべきだった。

うつ状態の時に重要な決断は
いけないとどんな本にも書いてあるじゃないか。

今はゆっくり、治すことだけを考えて。
今はゆっくり行こうじゃないか。


休もうかどうか迷っていたとき、
休むことは悪いことじゃないと
声をかけてくれたみなさん、ありがとう。

そして、続きを読む…。
posted by kickloud at 23:45 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | そして、僕はつぶやく。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

自己嫌悪の渦

-今日の処方-
アモキサン 25mg
ジェイゾロフト 50mg 25mg
ユーパン 0.5mg
ワイパックス 1mg

処方は前回と変わらず。

ここのところ調子が悪い。
喉も痛いし、トレーニングも一日休んでしまった。

トレーニングをさせてもらっている
周りの人に申し訳なくて自己嫌悪の思いが募る。
その反面、休んでしまってほっとしている自分もいた。
それをまた自己嫌悪。

その話をすると。

「そう言うこともある。
 自己嫌悪になってもいい。なるのは普通の感情。」

少しだけ楽になった。

***

帰宅後、イライラしていた。
原因はわかってる。

結局、イライラが爆発してしまい、
パートナーと軽いケンカ状態になってしまう。

お互い別々に時間を過ごして、
夕飯時には元に戻ったものの、
イライラはこういう風に発散してはいけない
と思った。

ごめん。

そして、続きを読む…。
posted by kickloud at 21:52 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(1) | そして、僕は通院する。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月18日

黒板消しのように

-今日の処方-
アモキサン 25mg
ジェイゾロフト 50mg 25mg
ユーパン 0.5mg
ワイパックス 1mg

処方は前回と変わらず。

今日は「黒板」の話が出た。

ここのところちょっと風邪をひいたり、
母親が入院したりと考え事が多くなって
よからぬことが頭を巡る、
という話をした。

黒板みたいに頭の中の悩みは消していくこと。
黒板がある程度で消さないと読みにくく、
内容も理解しづらいように、
頭の中の悩みもある程度のところで
消していくように。

ただ、消してしまおうと思っても
なかなか消えない。

そう言うときは、「認識」をする。
こういう悩みがあるんだと「認識」する。
すると、頭は忘れてくれるんだそう。

なんだか、面倒くさいシステムだけど、
そうらしい。

ノートにうつしたり、理解したら
黒板に書かれたものは消されて次へ行く。
理解したと思っても忘れてしまうものは、
忘れてしまう。

きっと、そういう感じなんだろう。

そして、続きを読む…。
タグ:うつ うつ病
posted by kickloud at 23:45 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | そして、僕は通院する。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月12日

心がけ

先日、友達からケイタイにメールが送られてきました。

既知かもしれませんが、
よさげなブログがありましたんで貼っておきます
お暇なときにどうぞ

まだ序盤ですが
今日も一日がんばりましょう


そこに張ってあったURLはあるブログのエントリー

1ヶ月間だけ、思い切りがんばれば。 - Attribute=51

ぐっと来たものを抜粋。

-ちょっとだけやる。「ちょっと」が超大事。

-今日行動を起こさないと、ゴールにつくのが1日遅れるよ。

-あんまり遅れると、そのうち門が閉まるよ。

-疲れたら休む。

-まだ起きていないことに絶望しない。

-気持ちよく毎日を過ごそうとする。しょうもないことでへこまないために、わざわざ悪い種をまかない。

-ドアを開けてもらったときは「すいません」じゃなくて「ありがとう」って言う。

-いざってときに馬鹿力はでない。出るのは普段の生活で染みついた実力だけ。

-「自分は自分の信じた道を行く」の道は、びっくりするぐらいたくさんの人に支えられている。

-人には良い面と悪い面がある。どっちか一方で判断しない。

-自分の気持ちにだけは嘘をつかない。

-すぐに評価を決めない。3回ぐらいチャンスをあげようよ。

-自分のことをダメとか言わない。そんなことない。

-そんなときもあるさ。

-閉塞感感じたら外に出かける。人と会う。何かを始める。考えても答えは出ない。


すべてできるわけじゃないけど、
たまに読み返してみるといいなと思いました。

教えてくれた友達に感謝。

そして、続きを読む…。
posted by kickloud at 18:36 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | そして、僕はつぶやく。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

気を病むから病気

風邪をひいている。

風邪をひくと、気分も落ち込んで
何もかもイヤになる。

自分は喉にくることが多くて、
声を出すにも、つばを飲み込むにも痛い。

体が悪いのに、気持ちも落ち込んでくる。

心と体はリンクしている。

当たり前だ。
心(というか、脳)は体の一部なんだから。

そう考えると、うつ病も体の病気といえる。
薬で治すというのも納得ができた。

と、チェーンリアクション的に
だらだらと思考があっちこっちに行ってますが、
それは風邪のせいにして。

今日は早く寝ます。

そして、続きを読む…。
posted by kickloud at 21:50 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | そして、僕はつぶやく。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

薬プラスアルファ

-今日の処方-
アモキサン 25mg
ジェイゾロフト 50mg 25mg
ユーパン 0.5mg
ワイパックス 1mg

処方は前回と変わらず。

今年、初めての通院。
前日から風邪気味で体調を崩していて、
あまり行く気ではなかったところに、
着いたら着いたで1時間近く待たされる。

今週からトレーニングを再開したこと、
それについては順調なことを伝える。

年明けから週5日にすると思っていたけど、
週4日でしばらく行くことになった。
調子がいいと突っ走りそうだからかな。

でも、それで気が楽になったのは事実。
ひとまず、よかった。

借りていた「普通の精神科医?-うつ病の闇への航海-」を
読み終わったことを伝える。

「うつ病は薬だけじゃなくて、
 自分とその周りの環境で治すんだよ」

そう言った先生の言葉に、納得する。
そして、続きを読む…。
posted by kickloud at 21:43 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | そして、僕は通院する。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

ドキッとさせてたんだ

正月に実家に帰った時のこと。

父親がこう話した。
「去年、おまえに病気のことを告白されたとき、
 正直、ドキッとして心臓が止まるかと思った。」

仲のいい親戚とうちの家族で鍋をつついているときの会話で。

自分はその言葉にドキッとした。

昨年の冬の初め、父親を誘って飯を食いに行った。
そんなことしたことも今までなかったんだから、
それは不思議に思ったことだろう。

ちょうど復職トレーニングがはじまった頃で
なんというか、自分には小さな希望が見えていた。

この時点で父親はうつ病のことはもちろん知らないし、
休職していることも知らない。
別のところで復職トレーニングをしていることも知らない。

全部言ってしまうと、パンクしてしまう。
下手にこじれるとイヤなので、
「うつ病になってしまって、今は回復傾向である。」
この事実しか伝えなかった。

それも何ともなさそうに装って、
男二人でトンカツを食べながら、
「そういえばさぁ、俺さあ」とかいう感じで。

その時、父親は「そうだったのか。」
としか言わなかった。

その「そうだったのか」の向こうで、
ちょっとやそっとでは動じない父親が
ドキッとしていたかと思うと、
驚いたのと同時に心配をかけて申し訳ないと思った。

顔では平気な顔をして、
心では心配してくれていたんだ。

正直、母親には話せても、
父親にはうつ病のことは話せないと思っていた。
昔気質の人だし、マイノリティーが家族にいるなんて
絶対にイヤだと思う人だと思っていた。

でも、違った。
勝手に壁を作っていたのは自分だった。

ここにも自分を心配してくれていた人がいたのだ。

これからは少しずつ本当のことを、
話していこうと思う。

ゴルフを教えてもらいながらでも、
近所の銭湯に行きながらでも、
たばこ臭いのはイヤだけどパチンコも
本当にたまになら付き合おうかな。

ありがとう。そして、ごめん。
もう少し待ってみてください。

きっと、あなたの息子は大丈夫なはずだから。
だっていろんなつらいことを乗り越えてきた、
あなたの息子ですから。

そして、続きを読む…。
posted by kickloud at 12:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | そして、僕はつぶやく。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

an ordinary psychiatrist?

普通の精神科医?-うつ病の闇への航海-」という本を読んだ。

去年最後の通院で、先生が薦めてくれたもの。

この休み中には読み終えたいなと思っていたんだけど、
用事やら、気が進まないやらで結局今日に。

珍しく朝早く起きることができたので、
朝食をとったあと、少し苦めのコーヒーをお供に
読み始めた。

これまで少しずつ読んでいたものの、
本腰を入れて読むのは今日が初めて。

とはいえ、読み進めていくと共感できる部分もあり
すんなり進むことができた。
特に回復期については、興味深いものだった。

回復期には、気持ちだけが先走って、
自分の能力以上のことをしてしまいがちだと言うこと。

確かに、この休みが終わったら
トレーニングも最終章だし、ガシガシ働くぞと
自分でも思っていた。

気合いを入れていくのは
間違ったことじゃない。
でも、無理をしてはいけない。

そう気づかせてもらっただけでも、
この本を読む価値はあった。

うつ病回復期の方に是非読んでいただきたい。

内容はわかりやすく書いてあるし、
専門的なことはほとんど書いてないので、
うつ病を理解したい人(患者の家族や友人)などにも
是非手にとってもらいたい。


そして、続きを読む…。
posted by kickloud at 08:59 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | そして、僕はつぶやく。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月03日

区切り

明けて2008年。

元旦は何かこう、リセットした気分になれるので好きだ。
本当は他の日と変わらないのに、
すがすがしい気分にさせる。

精神的区切りはやっぱり大事だ。
リセットした気になると言うだけで、いい。

スルッとイヤなベールが落ちるような
この感覚は嫌いじゃない。

今年はまず復職。
あともう少しという感じはあるけど、
油断は禁物。

そこそこ引き締めていくつもりです。

そして、続きを読む…。
タグ:うつ病
posted by kickloud at 14:56 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | そして、僕はつぶやく。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。